1. HOME>
  2. プレス情報>
  3. プレスリリース(2013)>
  4. 2013年2月8日

2013年2月8日

F5ネットワークス、世界最速のファイアウォールでアプリケーション配信のセキュリティをさらに強化

新しいアプリケーション・デリバリ・ファイアウォール・ソリューションで、アプリケーション/データ/ユーザを保護

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アリイ・ヒロシ、以下F5)は、ネットワーク/アプリケーションのインフラを保護する新しいセキュリティ製品を発表しました。新製品「BIG-IP® Advanced Firewall Manager」(BIG-IP AFM)とその他のセキュリティ製品の機能強化により、F5は業界で最も高速な処理が可能で*、拡張性に優れたアプリケーション・デリバリ・ファイアウォールのソリューションを提供します。

この新しいソリューションは、トラフィックの流れを全て把握しているF5製品だから実現できるセキュリティ・ソリューションです。これはF5のインテリジェント・サービス・プラットフォーム上に、ネットワーク・ファイアウォールに加え、トラフィック管理、アプリケーションのセキュリティ機能、ユーザのアクセス管理、DNSセキュリティを兼ね備えた業界初のファイアウォール・ソリューションです。また、BIG-IPモジュールのネットワーク/セキュリティの機能を統合することで、管理の複雑性やコストを軽減すると同時に、より優れたパフォーマンス拡張性を提供します。

今回の発表の詳細は以下の通りです。

新製品「BIG-IP Advanced Firewall Manager」(BIG-IP AFM)

F5のアプリケーション・デリバリ・ファイアウォール製品の中核をなすBIG-IP Advanced Firewall Managerは、フルプロキシのアーキテクチャをベースに、優れたセキュリティ機能を備える革新的なネットワーク・ファイアウォールです。アプリケーション視点のセキュリティを提供するF5のアプローチにより、従来のファイアウォールのようにアプリケーション・インフラ内に手動マッピングの必要が無いため、設定・管理の複雑さを軽減します。BIG-IP AFMの特長は以下の通りです。

  • 業界最高水準のパフォーマンスのアプリケーション・デリバリ・ファイアウォールで、モバイル端末とウェブ・アプリケーションの増加で急速に高まるトラフィック需要にも対応します。
  • 最も要求の厳しいデータセンタへのDoS攻撃に対応しており、またSSLを使用したDoS攻撃への対応も可能です。
  • DDoS攻撃に対処するため、悪意ある行動を検知するとともに、リクエスト処理の優先順位を設定し、正しく認証されたリクエストのみを集中して処理します。
  • 特定アプリケーションにファイアウォール・セキュリティとアクセスポリシーを設定することで、セキュリティ関連のルール/行動/認証の管理を大幅に簡素化します。
  • 特定のアプリケーション向けにカスタマイズ可能な記録/レポート機能を備えており、さまざまなチームが関係するセキュリティ・ログに簡単易にアクセスできます。
  • アプリケーション、ネットワーク、セキュリティに関する状況の監視を効率化し、より高い基準でのコンプライアンス順守と基準策定を支援します。

BIG-IP Access Policy Manager®(BIG-IP APM™)とBIG-IP Application Security Manager™(BIG-IP ASM™)の強化

F5では、既存のBIG-IPファミリ製品の機能も強化し、プライベート/パブリック/ハイブリッドを問わないクラウド環境でのセキュリティ機能や、高度化し続ける新たなセキュリティ脅威に対応するための機能を新たに追加しています。また簡素化された管理・認証機能により、セキュリティリスクとIT担当者の管理負荷を同時に軽減することができます。

BIG-IP APMの強化

  • SAML2.0を新たにサポートしたことで、データセンタやクラウドの種類を問わず、ホスティングされたウェブ、仮想デスクトップ(VDI)、クライアント/サーバのアプリケーション向けに、性能を強化したシングルサインオン(SSO)機能を提供します。
  • 複数の製品間での統合認証を提供することで、企業アプリケーションにアクセスするために必要なパスワードの入力回数を減らします。
  • プライベート/パブリック・クラウド全体で、重要なウェブ・アプリケーションへのアクセス制御とログ管理を統合することで、パスワードの統合と作業時間の短縮を実現します。

BIG-IP ASMの強化

  • ウェブ・アプリケーションの開発ツールであるGoogle Web Toolkitでプログラムされたアプリケーションを新たにサポートしているため、この幅広く普及しているフレームワークを使用してアプリケーションのセキュリティ・ポリシを強化できます。
  • 現在被害が拡大しているウェブ上の脅威であるクリックジャッキングを検知し、対処できます。

F5の新しいVIPRION® 4800ハードウェア上でBIG-IP AFMを利用した場合、以下のような非常に高いパフォーマンスを発揮します。

  • 640Gbpsのファイアウォール・スループット
  • 2億8800万の同時接続セッション処理
  • 毎秒1000万コネクション

製品についての販売開始時期、価格情報

  • BIG-IP Advanced Firewall Manager:170万円(税別)〜
  • BIG-IP Advanced Firewall Manager(仮想アプライアンス):128万円(税別)

BIG-IP AFMはBIG-IP Local Traffic Manager™(BIG-IP LTM®)のアドオンモジュールとして提供される予定で、出荷開始予定日は2013年第一四半期です。

*カタログスペックによる(F5 Networks社調べ、2013年2月現在)

補足資料

F5ネットワークスについて

F5ネットワークスは、世界中のITをより快適に繋ぐために最適なソリューションを提供しています。F5は企業のニーズに応え、データセンタやクラウド環境で急増する音声、データ、映像などのトラフィック、モバイルワークやアプリケーションの急増などによってもたらされる企業のビジネスチャンスを最大限に生かすための支援を行います。世界中の大手企業、サービス・プロバイダ、政府機関などの顧客が、アプリケーションやサービスの配信とその信頼性の確保、そして人々を繋げるためのソリューションとして、F5の「Intelligent Service Platform」を選択しています。F5に関する詳細は、www.f5networks.co.jpをご覧ください。

F5、BIG-IP、Access Policy Manager、APM、Application Security Manager、ASM、VIPRION、Local Traffic ManagerならびにLTMは、米国およびその他の国におけるF5 Networks, Inc.の商標またはサービスマークです。その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。

将来性に関する声明

当プレスリリースには、今後の見通しや将来の売上及び利益目標を含む記述がありますが、それらは全て将来に関する意見であり、過去の事実に基づくものではありません。このような将来に関する意見は、既知や未知のリスク、不確実性、その他の要因により、会社の業績や業界の動きなど、実際の結果が将来性に関する意見の中で表明された明示的・黙示的内容と異なる場合があることをご承知ください。ビジネス及び業績に影響を与えるリスク要因に関する詳細な情報は、アニュアルレポートやSEC提出の公開資料をご覧ください。

当リリースに関するお問い合わせ先
F5ネットワークスジャパン株式会社
TEL:03-5114-3230
お問い合わせ : http://www.f5networks.co.jp/inquiry/

このページのトップへ